fuji 過去問の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問21-問30

<<   作成日時 : 2014/01/13 04:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問21-問30】
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30

【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問21】


 GPLの下で公開されたOSSを使い,ソースコードを公開しなかった場合にライセンス違反となるものはどれか。



(1) OSSとアプリケーションソフトウェアとのインタフェースを開発し,販売している。

(2) OSSの改変を他社に委託し,自社内で使用している。

(3) OSSの入手,改変,販売を全て自社で行っている。

(4) OSSを利用して性能テストを行った自社開発ソフトウェアを販売している。


【解答】(3)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問22】


 分解能が8ビットのD/A変換器に,ディジタル値0を入力したときの出力電圧が0Vとなり,ディジタル値128を入力したときの出力電圧が2.5Vとなるとき,最下位の1ビットの変化によるこのD/A変換器の出力電圧の変化は何Vか。



(1) 2.5/128  (2) 2.5/255  (3) 2.5/256  (4) 2.5/512


【解答】(1)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問23】


 DRAMの説明として,適切なものはどれか。



(1) 1バイト単位でデータの消去及び書込みが可能な不揮発性のメモリであり,電源遮断時もデータ保持が必要な用途に用いられる。

(2) 不揮発性のメモリでNAND型又はNOR型があり,SSDに用いられる。

(3) メモリセルはフリップフロップで構成され,キャッシュメモリに用いられる。

(4) リフレッシュ動作が必要なメモリであり,PCの主記憶として用いられる。


【解答】(4)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問24】


 定格出力電力500Wで効率80%の電源ユニットがある。この電源ユニットから500Wの出力電力を得るのに最低限必要な入力電力の大きさは何Wか。



(1) 100    (2) 400    (3) 625    (4) 900


【解答】(3)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問25】


 論理式X=¬A・B+A・¬B+¬A・¬Bと同じ結果が得られる論理回路はどれか。ここで,論理式中の・は論理積,+は論理和,¬AはAの否定を表す。






【解答】(2)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問26】


 ある商店では,約200品目の商品を取り扱っている。商品データの新規登録画面の入力項目のうち,入力方式としてプルダウンメニューを用いるのが適しているものはどれか。



項目様式と規則
(1)商品番号5桁の英数字項目で,商品ごとに付番する。
(2)商品名40字以内の日本語項目で,商品ごとに命名する。
(3)商品区分10字以内の日本語項目で,5区分ある。
(4)価格6桁の数字項目で,範囲は10,000〜100,000円である


【解答】(3)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問27】


 コンピュータアニメーション技法のうち,モーフィングの説明はどれか。



(1) 画像A,Bを対象として,AからBへ滑らかに変化していく様子を表現するために,その中間を補うための画像を複数作成する。

(2) 実際の身体の動きをディジタルデータとして収集して,これを基にリアルな動きをもつ画像を複数作成する。

(3) 背景とは別に,動きがある部分を視点から遠い順に重ねて画像を作成することによって,奥行きが感じられる2次元アニメーションを生成する。

(4) 人手によって描かれた線画をスキャナで読み取り,その閉領域を同一色で彩色処理する。


【解答】(1)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問28】


 クライアントサーバシステムにおいて,利用頻度の高い命令群をあらかじめサーバ上のDBMSに用意しておくことによって,データベースアクセスのネットワーク負荷を軽減する仕組みはどれか。



(1) 2相コミットメント

(2) グループコミットメント

(3) サーバプロセスのマルチスレッド化

(4) ストアドプロシージャ


【解答】(4)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問29】


 関係データベースのデータ構造の説明として,適切なものはどれか。



(1) 親レコードと子レコードをポインタで結合する。

(2) タグを用いてデータの構造と意味を表す。

(3) データと手続を一体化(カプセル化)してもつ。

(4) データを2次元の表によって表現する。


【解答】(4)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問30】


 関係データベースの主キー制約の条件として,キー値が重複していないことの他に,主キーを構成する列に必要な条件はどれか。



(1) キー値が空でないこと

(2) 構成する列が一つであること

(3) 表の先頭に定義されている列であること

(4) 別の表の候補キーとキー値が一致していること


【解答】(1)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】








【問21:解説】


GPLの下で公開されたOSSを使い,ソースコードを公開しなかった場合にライセンス違反となるものは「OSSの入手,改変,販売をすべて自社で行っている」です。

GPL(GNU General Public License)に基づくOSS(Open Source Software)では,OSSの改変や再配布の自由を認めていますが,その際,ソースコードを公開することを義務付けています。


OSSとアプリケーションソフトウェアとのインタフェースを開発し,販売しても,OSS自体を販売している訳ではないので,ソースコードを公開する必要はありません。

OSSの改変を他社に委託し,自社内で使用している限りにおいては,ソースコードを公開する必要はありません。ただし,委託先には委託元にソースコードを提示する義務があります。

OSSを利用して性能テストを行った自社開発ソフトウェアを販売しても,OSS自体を販売している訳ではないので,ソースコードを公開する必要はありません。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問22:解説】


分解能が8ビットのD/A変換器に,ディジタル値0を入力したときの出力電圧が0Vとなり,ディジタル値128を入力したときの出力電圧が2.5Vとなるとき,最下位の1ビットの変化によるこのD/A変換器の出力電圧の変化は「2.5/128」Vです。

D/A変換器(Digital-to-Analog Converter)は,時分割して得たデジタルデータをアナログデータに戻す機器です。記録された音声データをスピーカから出力する際に使われます。

8ビットの分解能があるD/A変換器では,電圧を2進数で最大11111111の255に分割することができます。出力電圧2.5Vをディジタル値が128(2進数で10000000)で分割したならば,最下位の1ビットの変化は分割した2.5/128(V)になります。


D/A変換器の出力電圧が2.5Vのとき,最大の分解能である255(2進数で11111111)で分割表示したときに,最下位の1ビットの変化によるD/A変換器の出力電圧の変化が 2.5/255(V)になります。

分解能が8ビットのD/A変換器では,電圧を256や512に分割して表示することはできません。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問23:解説】


DRAMの説明として,適切なものは「リフレッシュ動作が必要なメモリであり,PCの主記憶として用いられる」です。

DRAM(Dynamic Random Access Memory)は,コンデンサを使用したメモリーで,電荷の減少を補うリフレッシュ処理が必要です。主記憶などに使用されます。


1バイト単位でデータの消去及び書込みが可能な不揮発性のメモリであり,電源遮断時もデータ保持が必要な用途に用いられるのは,EEPROM(Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory)です。

不揮発性のメモリでNAND型又はNOR型があり,SSDに用いられるのは,フラッシュメモリ(Flash Memory)です。

メモリセルはフリップフロップで構成され,キャッシュメモリに用いられるのは,SRAM(Static Random Access Memory)です。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問24:解説】


出力電力は入力電力×効率で求められますから,必要な入力電力は出力電力÷効率で求められます。
定格出力電力500Wで効率80%の電源ユニットから500Wの出力電力を得るには,入力電力は次のようになります。

  出力電力=入力電力×効率
  入力電力=出力電力÷効率
      =500÷0.8
      =625 (W)

よって,最低限必要な入力電力の大きさは「625」Wです。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問25:解説】


論理式 X=¬A・B+A・¬B+¬A・¬B と同じ結果が得られる論理回路は,次のようにして変形した式と論理回路を比較します。
※論理式中の・は論理積,+は論理和,¬AはAの否定を表します。

 論理式 X=¬A・B+A・¬B+¬A・¬B
     =¬A・B+A・¬B+¬A・¬B¬A・¬B  (A=A+A)
     =¬A・B+¬A・¬B+A・¬B+¬A・¬B
     =¬A・(B+¬B)+(A+¬A)・¬B     (A+¬A=1)
     =¬A+¬B
     =¬(A・B)           (ドモルガンの法則)

よって,論理式 X は,A と B を入力値として論理積(AND)を否定した否定論理積(NAND)“¬(A・B)”と同じ結果が得られます。
※使用されている論理回路の図記号と名前は,試験問題用紙の前方に提示されています。


は,論理積(AND)“A・B”と同じ結果が得られます。

は,論理和(OR)“A+B”と同じ結果が得られます。

は,否定論理和(NOR)“¬(A+B)”と同じ結果が得られます。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問26:解説】


項目様式と規則
商品番号5桁の英数字項目で,商品ごとに付番する。
商品名40字以内の日本語項目で,商品ごとに命名する。
商品区分10字以内の日本語項目で,5区分ある。
価格6桁の数字項目で,範囲は10,000〜100,000円である

ある商店では,約200品目の商品を取り扱っている。商品データの新規登録画面の入力項目のうち,入力方式としてプルダウンメニューを用いるのが適しているものは,10文字以内の日本語項目で5区分に分けられている「商品区分」です。

プルダウンメニュー(pull down menu)は,タイトル部分をクリックすることで選択項目の一覧が表示され,その中から一つ選ぶことができる入力方式です。項目数が少ない事項の入力に向いています。


「商品番号」や「商品名」は選択肢が200品目もあるので,プルダウンメニューでの入力には適していません。

「価格」の入力は,さらに選択肢が増えますので,プルダウンメニューでは入力がとても非効率となります。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問27:解説】


コンピュータアニメーション技法のうち,モーフィングの説明は「画像A,Bを対象として,AからBへ滑らかに変化していく様子を表現するために,その中間を補うための画像を複数作成する」です。

モーフィング(morphing)は,動画の中で変化していく画像の中間の画像を作り出すことで変化をよりスムーズに見せる技術です。


実際の身体の動きをディジタルデータとして収集して,これを基にリアルな動きをもつ画像を複数作成するのは,モーションキャプチャ(motion capture)の技法です。

背景とは別に,動きがある部分を視点から遠い順に重ねて画像を作成することによって,奥行きが感じられる2次元アニメーションを生成するのは,セルアニメーション(cel animation)の技法です。

人手によって描かれた線画をスキャナで読み取り,その閉領域を同一色で彩色処理するのは,デジタル彩色です。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問28:解説】


クライアントサーバシステムにおいて,利用頻度の高い命令群をあらかじめサーバ上のDBMSに用意しておくことによって,データベースアクセスのネットワーク負荷を軽減する仕組みは「ストアドプロシージャ」です。

クライアントサーバシステム(client server system)は,情報などのサービスを提供するサーバとそれを利用するクライアントがネットワークで接続されているシステムです。
ストアドプロシージャ(stored procedure)は,データベースに対する一連の処理手順を一つにまとめ,クライアントから引数を渡してサーバで処理を行う方式です。


2相コミットメント(two-phase commitment)は,分散して設置しているデータベース間でデータの矛盾が生じないように更新する機能のことです。

グループコミットメント(group commitment)は,データベースに処理要求が集中した場合に,確定作業をまとめて実施する機能のことです。

サーバプロセスのマルチスレッド(multi-thread)は,サーバプロセスにおける複数の処理を実行可能なスレッド単位に分割して並行して実行していく機能のことです。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問29:解説】


関係データベースのデータ構造の説明として,適切なものは「データを2次元の表によって表現する」です。

関係データベースはリレーショナル・データベース(Relational Database)と言い,フィールドを項目,レコードを行,ファイルを表にとして管理します。


親レコードと子レコードをポインタで結合するのは,階層型データモデル(木構造)の説明です。

タグを用いてデータの構造と意味を表すのは,XML(eXtensible Markup Language)によるデータモデルの説明です。

データと手続を一体化(カプセル化)してもつのは,オブジェクト指向型データモデルの説明です。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問30:解説】


関係データベースの主キー制約の条件として,キー値が重複していないことの他に,主キーを構成する列に必要な条件は「キー値が空でないこと」です。

主キー(primary key)は,関係データベースにおいてテーブルの中の1つのレコードを一意に識別するためのデータ項目です。その列では同じ値を持つことができません。また値のない個所があってはなりません。


主キーを構成する列が一つである必要はありません。複数の列からなる主キーを構成することもできます。これを複合キーといいます。

表の先頭に定義されている列でなくても主キーとすることができます。

別の表の候補キーとキー値が一致していることが主キーの必要条件ではありません。別の表の候補キーを持たない主キーもあります。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
基本情報処理 平成25年 秋期 午前 問21-問30 fuji 過去問の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる