fuji 過去問の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 応用情報処理 平成23年 特別 午前 問31-問40

<<   作成日時 : 2011/08/26 06:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問31-問40】
問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40

【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問31】


 関係データベースのインデックスに関する記述のうち,適切なものはどれか。



(1) インデックスはユニーク属性のデータ項目だけに設定できる。

(2) インデックスを定義することで,データベースに対するすべての操作が速くなる。

(3) 外部キーにもインデックスを設定しなければならない。

(4) 主キー以外の列に対してもインデックスを指定できる。


【解答】(4)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問32】


 トランザクションの原子性(atomicity)の説明として,適切なものはどれか。



(1) データの物理的格納場所やアプリケーションプログラムの実行場所を意識することなくトランザクション処理が行える。

(2) トランザクションが完了したときの状態は,処理済みか未処理のどちらかしかない。

(3) トランザクション処理においてデータベースの一貫性が保てる。

(4) 複数のトランザクションを同時に処理した場合でも,個々の処理結果は正しい。


【解答】(2)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問33】


 データベースにデータの追加,削除などが多数回繰り返されて,データベース全体のアクセス効率が低下したときに,データベースに対して行う処理はどれか。



(1) 再起動   (2) 再実行   (3) 再定義   (4) 再編成


【解答】(4)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問34】


 インターネット接続におけるNAPTの説明として,適切なものはどれか。



(1) IPアドレスとMACアドレスとの変換を行う。

(2) プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスとの1対1の変換を行う。

(3) プライベートIPアドレスとポート番号の組合せと,グローバルIPアドレスとポート番号の組合せとの変換を行う。

(4) ホスト名とIPアドレスとの変換を行う。


【解答】(3)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問35】


 図のように,2台の端末がルータと中継回線で接続されているとき,端末Aがフレームを送信し始めてから,端末Bがフレームを受信し終わるまでの時間は,およそ何ミリ秒か。

〔条件〕
  フレーム長:LAN,中継回線ともに1,500バイト
  LANの伝送速度:10Mビット/秒
  中継回線の伝送速度:1.5Mビット/秒
  1フレームのルータ処理時間:両ルータともに0.8ミリ秒




(1) 3     (2) 6     (3) 10     (4) 12


【解答】(4)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問36】


 レイヤ2のスイッチングハブの機能として,適切なものはどれか。



(1) IPアドレスを解析することによって,データを中継するか破棄するかを判断する。

(2) MACアドレスを解析することによって,必要なLANポートにデータを流す。

(3) OSI基本参照モデルの物理層において,ネットワークを延長する。

(4) 互いに直接,通信ができないトランスポート層以上の二つの異なるプロトコルの翻訳作業を行い,通信ができるようにする。


【解答】(2)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問37】


 TCP/IPネットワークにおける,ARP要求パケットとARP応答パケットの種類の組合せはどれか。ここで,ARPキャッシュに保持するエントリの有効性を確認する場合は除くものとする。



 ARP要求パケット  ARP応答パケット 
(1)ブロードキャストブロードキャスト
(2)ブロードキャストユニキャスト
(3)ユニキャストブロードキャスト
(4)ユニキャストユニキャスト


【解答】(2)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問38】


 SSLによるクライアントとWebサーバ間の通信手順(1)〜(5)において,a,bに入る適切な語句の組合せはどれか。ここで,記述した手順は,一部簡略化している。

 (1) クライアントからのSSLによる接続要求に対し,Webサーバはサーバ証明書をクライアントに送付する。
 (2) クライアントは,保持している〔  a  〕によってこのサーバ証明書の正当性を確認する。
 (3) クライアントは,共通鍵生成用のデータを作成し,サーバ証明書に添付された〔  b  〕によってこの共通鍵生成用データを暗号化し,Webサーバに送付する。
 (4) 受け取ったWebサーバは,自らの秘密鍵によって暗号化された共通鍵生成用データを復号する。
 (5) クライアントとWebサーバの両者は,同一の共通鍵生成用データによって共通鍵を作成し,これ以降の両者間の通信は,この共通鍵による暗号化通信を行う。



ab
(1)クライアントの公開鍵Webサーバの秘密鍵
(2)クライアントの秘密鍵Webサーバの公開鍵
(3)認証局の公開鍵Webサーバの公開鍵
(4)認証局の公開鍵Webサーバの秘密鍵


【解答】(3)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問39】


 TCP/IPの環境で使用されるプロトコルのうち,構成機器や障害時の情報収集を行うために使用されるネットワーク管理プロトコルはどれか。



(1) NNTP    (2) NTP    (3) SMTP    (4) SNMP


【解答】(4)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【応用情報処理 平成23年 特別 午前 問40】


 http://host.example.co.jp:8080/file で示されるURLの説明として,適切なものはどれか。



(1) :8080はプロキシサーバ経由で接続することを示している。

(2) fileはHTMLで作成されたWebページであることを示している。

(3) host.example.co.jp は参照先のサーバが日本国内にあることを示している。

(4) http:はプロトコルとしてHTTPを使用して参照することを示している。


【解答】(4)《( )をドラッグしてください》

【解説へ】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】








【問31:解説】


関係データベースのインデックスに関する記述のうち,適切なものは「主キー以外の列に対してもインデックスを指定できる」です。

インデックス(index)は,検索の高速化のために,属性の値と対応するデータの格納位置を記録する索引のことです。


インデックスはユニーク属性のデータ項目以外にも設定することができます。

インデックスを定義することで,データベースに対するすべての操作が速くなるとは限りません。オーバヘッドが発生しますので,処理が遅くなることもあります。

外部キーにもインデックスを設定できますが,しなければならないというわけではありません。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問32:解説】


トランザクションの原子性(atomicity)の説明として,適切なものは「トランザクションが完了したときの状態は,処理済みか未処理のどちらかしかない」です。

原子性(atomicity)は,トランザクションの途中でシステム障害が発生したら,障害発生時までの変更内容は破棄されることを保証するものです。


データの物理的格納場所やアプリケーションプログラムの実行場所を意識することなくトランザクション処理が行えるのは,位置透過性(location transparency)のことです。

トランザクション処理においてデータベースの一貫性が保てるのは,一貫性(consistency)のことです。

複数のトランザクションを同時に処理した場合でも,個々の処理結果は正しいのは,独立性(isolation)のことです。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問33:解説】


データベースにデータの追加,削除などが多数回繰り返されて,データベース全体のアクセス効率が低下したときに,データベースに対して行う処理は「再編成」です。

データベースに対し,追加,更新,削除を繰り返すと,再利用されない領域が発生し,データベースの使用領域の増大と処理速度の低下を招きます。再編成は,不連続な空き領域を整理して,性能劣化を回避するために行う処理です。


再起動は,一度コンピュータをシャットダウンした後に再度起動することです。

再実行は,プログラムなどの処理を再度実行することです。

再定義は,プログラムのメソッドや変数などを再度定義することです。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問34:解説】


インターネット接続におけるNAPTの説明として,適切なものは「プライベートIPアドレスとポート番号の組合せと,グローバルIPアドレスとポート番号の組合せとの変換を行う」です。

NAPT(Network Address and Port Translation:IP マスカレード)は,一つのグローバルIPアドレスを複数のコンピュータで共有する仕組みのことです。


IPアドレスとMACアドレスとの変換を行うのは,ARP(Address Resolution Protocol)RARP(Reverse Address Resolution Protocol)です。

プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスとの1対1の変換を行うのは,NAT(Network Address Translation)です。

ホスト名とIPアドレスとの変換を行うのは,DNS(Domain Name System)です。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問35:解説】


〔条件〕
  フレーム長:LAN,中継回線ともに1,500バイト
  LANの伝送速度:10Mビット/秒
  中継回線の伝送速度:1.5Mビット/秒
  1フレームのルータ処理時間:両ルータともに0.8ミリ秒


端末Aがフレームを送信し始めてから,端末Bがフレームを受信し終わるまでの時間は,次のようになります。

フレーム長:LAN,中継回線ともに1,500(バイト)=8×1,500(ビット)

伝送時間=LANの伝送時間×2+ルータの処理時間×2+中継回線の伝送時間
    =(8×1,500/10,000,000)×2+0.0008×2+8×1,500/1,500,000
    =0.0012×2+0.0008×2+0.008
    =0.012 (秒)
    =12   (ミリ秒)


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問36:解説】


レイヤ2のスイッチングハブの機能として,適切なものは「MACアドレスを解析することによって,必要なLANポートにデータを流す」です。

スイッチングハブ(switching hub:レイヤ2スイッチ)は,受信したパケットを,あて先 MAC アドレスが存在する LAN ポートだけに転送します。レイヤ2は,OSI基本参照モデルのデータリンク層のことです。


IPアドレスを解析することによって,データを中継するか破棄するかを判断するのは,ルータ(router)です。

OSI基本参照モデルの物理層において,ネットワークを延長するのは,リピータ(repeater)です。

互いに直接,通信ができないトランスポート層以上の二つの異なるプロトコルの翻訳作業を行い,通信ができるようにするのは,ゲートウェイ(gateway)です。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問37:解説】


TCP/IPネットワークにおける,ARP要求パケットとARP応答パケットの種類の組合せは次のようになります。

 ARP要求パケット  ARP応答パケット 
ブロードキャストユニキャスト


ARP(Address Resolution Protocol)は,IPアドレスを基にMACアドレスを問い合わせるプロトコルです。
ブロードキャスト(broadcast)は,ネットワーク内のすべての端末にデータを送信する通信方法です。ホストアドレス部が2進数で全部1のIPアドレスを使います。
ユニキャスト(unicast)は,ネットワーク内の特定の相手にデータを送信する一般的な通信方法です。

外部ネットワークと切り離された同一ネットワーク内のIPアドレスに対してブロードキャストを使いARP要求パケットを送信してMACアドレスを求めます。該当するMACアドレスを持つコンピュータは要求元のIPアドレスへユニキャストでARP応答パケットを送信しネットワーク内の交信を確立します。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問38:解説】


SSLによるクライアントとWebサーバ間の通信手順(1)〜(5)において,a,bに入る適切な語句の組合せは次のようになります。

(1)クライアントからのSSLによる接続要求に対し,Webサーバはサーバ証明書をクライアントに送付する。
(2)クライアントは,保持している[認証局の公開鍵]によってこのサーバ証明書の正当性を確認する。
(3)クライアントは,共通鍵生成用のデータを作成し,サーバ証明書に添付された[Webサーバの公開鍵]によってこの共通鍵生成用データを暗号化し,Webサーバに送付する。
(4)受け取ったWebサーバは,自らの秘密鍵によって暗号化された共通鍵生成用データを復号する。
(5)クライアントとWebサーバの両者は,同一の共通鍵生成用データによって共通鍵を作成し,これ以降の両者間の通信は,この共通鍵による暗号化通信を行う。

SSL(Secure Sockets Layer)は,クライアントのWebブラウザとサーバー間でデータの暗号化を行ったり,相手のサーバーが本物であることを認証したりするプロトコルです。後継バージョンとしてTSL(Transport Layer Security)が出ています。

サーバ証明書の正当性を確認するには,認証局の公開鍵が必要です。

Webサーバの公開鍵で暗号化したデータはWebサーバの秘密鍵でしか復号できませんので,通信内容を秘匿することができます。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問39:解説】


TCP/IPの環境で使用されるプロトコルのうち,構成機器や障害時の情報収集を行うために使用されるネットワーク管理プロトコルは「SNMP」です。

SNMP(Simple Network Management Protocol)は,ネットワークに接続されている機器数の把握や稼働状況の集中管理するプロトコルです。


NNTP(Network News Transfer Protocol)は,ニュースサーバを用いて,ネットニュースを読んだり投稿したりするためのプロトコルです。

NTP(Network Time Protocol)は,コンピュータの時計をネットワークを通して正しくセットするためのプロトコルです。

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は,ネットワークで電子メールを送信するためのプロトコルです。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】




【問40:解説】


http://host.example.co.jp:8080/file で示されるURLの説明として,適切なものは「http:はプロトコルとしてHTTPを使用して参照することを示している」です。

URL(Uniform Resource Locator)は,インターネット上の資源を一意に識別するアドレス記述方式のことです。


:8080は,接続先のポート番号を表しています。プロキシサーバ経由で接続されているかということはわかりません。

fileは,接続先のパスを示しています。そこにあるファイルがHTMLで作成されたWebページであるかどうかはわかりません。

host.example.co.jp は,日本国内ある営利団体が登録したドメインを表していますが,参照先のサーバが日本国内にあるとは限りません。


【設問に戻る】 【次の設問へ】 【前の設問へ】 【トップへ】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SEOに有効なオールドドメイン検索ツール!【ドメインキャッチャー】
SEOに有効なオールドドメイン検索ツール!【ドメインキャッチャー】 ...続きを見る
SEOに有効なオールドドメイン検索ツール...
2011/08/28 11:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
応用情報処理 平成23年 特別 午前 問31-問40 fuji 過去問の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる